真理は、見ることを拒まなければ、私たちの誰の魂の中にも明りを灯すでしょう。その明りは、私たちの浅薄な才能、卑しい意地悪利己心、虚栄や嫉妬などを照らし出し、他人のなかにある良さを見せてくれます。

人物:津田梅子(つだうめこ)

1864-1929年。農学者・津田仙の次女。1871年、岩倉大使の一行に加わり、初の女子留学生として渡米。帰国後、華族女学校・女子高等師範学校の教授となる。1900年に辞職し、英語教育とキリスト教による人格教育を中心とした高等普通教育を目的に、女子英学塾(津田英学塾、津田塾大学)を創立。日本女性の知的解放に尽くした。

+11