愚直と笑わるるとも、終局の勝利は必ず誠実な者に帰すべし。

人物:東郷平八郎(とうごうへいはちろう)

1848-1934年。薩摩国鹿児島郡(現在の鹿児島県鹿児島市)出身。薩英戦争に参加後、薩摩藩の海軍に入る。戊辰戦争では新潟・函館に転戦。維新後に英国留学。日清戦争では浪速艦長として豊島沖、黄海、威海衛などに出撃。日露戦争では連合艦隊司令長官となり、日本海海戦を指揮。バルチック艦隊を撃滅し、「東洋のネルソン」と称された。

+3