もし美と正義の世界が現実に存在するものなら、それはまさしく童話の世界でなければならない。

人物:小川未明(おがわみめい)

1882-1961年。新潟県生まれ。本名は小川健作(けんさく)。早大英文卒。在学中、処女作『漂浪児』を雑誌『新小説』に発表。この時、坪内逍遥から「未明」の号を与えられた。1907年に小説集『愁人』で注目され、1910年には創作童話集『赤い船』を刊行。戦前の日本児童文学界で最大の存在となり、「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれた。

5+