人道は勤めるのを尊しとし自然に任せるのを尊ばない。勤めるということは私欲に克つということである。

人物:二宮尊徳(にのみやたかのり)

+2