孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の”間”にある。

人物:三木清(みききよし)

+4