なんでも大胆に、無用意に、打ちかからねばいけない。どうしようかこうしようかと思案してかかる日にはもういけない。むずかしかろうがやさしかろうが、そんなことは考えずに、いわゆる無我という心境に入って、無用意で打ちかかって行くのだ。

人物:勝海舟(かつかいしゅう)

4+