偉人の経歴を読書により知って憧れること、師や友から聞いたことに発憤すること、自分が逆境に陥ったときに勇猛心を起こすこと、感激することの四つが志を立てる大きな理由となる。日常何の不足も感激もなく平々凡々に暮している時に志は立たない。

人物:橋本左内(はしもとさない)

1834-1859年。福井藩士。緒方洪庵の蘭学塾に入門して蘭学・医学を学び、父業を継いで藩医となる。1855年に藩医から御書院番に起用され、1857年には藩校明道館学監となる。藩主・松平慶永の知遇を得て藩政に参画し、将軍継嗣問題では一橋慶喜の擁立に尽力。しかし、井伊直弼ら南紀派と対立して失敗。1859年、安政の大獄で斬罪に処された。

+4