志のない人間は魂のない虫と同じで、いつまでも発展することは無いのだ。しかし一旦、何物にも負けないほどの志が立てば、それ以後は日夜発展するものである。天下に名を残した人物も、特別な人間であったわけではなく、その大志と堅固な意志とによって名を残したのである。

人物:橋本左内(はしもとさない)

1834-1859年。福井藩士。緒方洪庵の蘭学塾に入門して蘭学・医学を学び、父業を継いで藩医となる。1855年に藩医から御書院番に起用され、1857年には藩校明道館学監となる。藩主・松平慶永の知遇を得て藩政に参画し、将軍継嗣問題では一橋慶喜の擁立に尽力。しかし、井伊直弼ら南紀派と対立して失敗。1859年、安政の大獄で斬罪に処された。

+1