私は、奮闘さえすれば何となく生き甲斐があるような心持ちがするんだ。

人物:二葉亭四迷(ふたばていしめい)

2+