末の世において道義を実践したならば、必ずその時の人々から極端だといわれるであろう。もしまた、世人から極端だといわれるくらいでなければ決して道義ではないのであって、すなわち世俗に同調し濁った世に迎合したものにすぎない。

人物:吉田松陰(よしだしょういん)

1830-1859年。幕末の思想家。長州藩士・杉百合之助の次男で、山鹿流兵学師範の叔父・吉田大助の養子となる。1851年、江戸に出て佐久間象山に師事。1854年、ペリー再航に際し海外密航を企てたが失敗。幽閉された自邸内で松下村塾を開き、高杉晋作、久坂玄瑞、井上馨、伊藤博文ら尊王攘夷運動の指導者を輩出。安政の大獄で刑死。

+4