無刀とは、心の外に、刀が無いこと。敵と相対するとき、刀に拠ることなく、心を以って心を打つ、これを無刀という。

人物:山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)

1836-1888年。江戸に生まれ、幼少から神陰流や北辰一刀流の剣術、樫原流槍術を学ぶ。幕臣として、清河八郎とともに浪士組を結成。1868年の戊辰戦争の際は、勝海舟の使者として西郷隆盛と会見。勝・西郷会談の道を開き、江戸無血開城の立役者となった。明治維新後、明治天皇の侍従などを歴任。一刀正伝無刀流の開祖としても知られる。

+2