我という人の心はただひとり、われより外に知る人はなし。

人物:谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)

1886-1965年。東京日本橋の生まれ。1910年、小山内薫や和辻哲郎らと第二次『新思潮』を創刊。『象』『刺青』などの作品で永井荷風に認められ、耽美的作風に新しい境地を開く。関東大震災後、関西に移住。古典や純日本的なものに関心を集め、『卍』『蓼(たで)喰ふ虫』『吉野葛』『盲目物語』『春琴抄』などを発表。1949年、文化勲章受賞。

2+