今日まで自分を導いてきた力は、明日も自分を導いてくれるだろう。

人物:島崎藤村(しまざきとうそん)

1872-1943年。筑摩県馬籠村(現在の岐阜県中津川市)出身。本名は島崎春樹(はるき)。北村透谷らの『文学界』創刊に参加し、劇詩や随筆を発表。1897年に処女詩集『若菜集』を刊行し、近代詩の確立に貢献した。さらに小説に転じ、1906年に『破戒』を発表。自然主義文学の先駆となった。代表作に『春』『家』『新生』『夜明け前』などがある。

3+