良識ある人は間違いがないということを重んじるのではなく、間違いに気付いたならば、その間違いを改めることを重んじるのである。

人物:佐久間象山(さくましょうざん)

3+