世間に名を成し人々に敬るには、身持と心持とが大事。

人物:尾崎紅葉(おざきこうよう)

1868-1903年。東京の生まれ。本名は尾崎徳太郎(とくたろう)。1885年、山田美妙らと硯友社を結成し『我楽多文庫』を創刊。1889年に『二人比丘尼色懺悔』で文壇デビュー。のち読売新聞社に入社し、言文一致体の『多情多恨』や『金色夜叉』(未完)などを連載して人気作家となる。明治文壇の大御所として、泉鏡花ら多くの門下生を育てた。

4+