道が窮(きわま)ったかのようで、他に道があるのは世の常である。時のある限り、人のある限り、道が窮るという理由はないのである。

人物:大隈重信(おおくましげのぶ)

+5