永遠とは、物質ではなく、精神にしか見出すことのできないものであって、こうした簡素な建物(茶室、数寄屋)はその精神のあらわれなのであり、そうであればこそ、洗練をきわめたほのかな輝きを帯びて、かくも美しいのだ。

人物:岡倉天心(おかくらてんしん)

1863-1913年。横浜の生まれ。本名は岡倉覚三(かくぞう)。東大在学中からフェノロサの通訳として頭角を現す。1890年、東京美術学校長に就任。1898年に美術学校内部の排斥運動で辞職した後、日本美術院を創設。明治日本画家の指導者として活躍した。著書に『東洋の理想』『日本の覚醒』『茶の本』などがある。

9+