株は高く買って、安く売れ。

人物:野村徳七(のむらとくしち)

1878-1945年。初代野村徳七の長男に生まれる。幼名は信之助。1904年に父から野村徳七商店を受け継いで証券業を開始、日露戦争後の熱狂相場で巨利を得る。1907年、二代目徳七を襲名。1917年、株式会社野村商店に改組。1922年に設立した野村合名を司令部として、金融財閥を目指した。公共事業や日仏文化協会の創立にも尽力。貴族院議員。

4+