何事であれ、もし何かをしようとすれば、それを為すための最善の方法とは、もっとも無駄がなく、もっとも優美なやり方になるであろう。

人物:新渡戸稲造(にとべいなぞう)

7+