幸福は分に応じて、心がけよくして生きてゆけば誰でもなれるはずである。

人物:武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)

1885-1976年。東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)出身。子爵家の末子。1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。白樺派の代表的作家として活躍する。1918年、人道主義の実践場として「新しき村」を創設。1951年、文化勲章受章。代表作に『お目出たき人』『幸福者』『友情』『真理先生』などがある。

5+