驚いてもオドロキキレナイ。喜んでもヨロコビキレナイ。悲しんでもカナシミキレナイ。愛してもアイシキレナイ。ソレガ板画デス。

人物:棟方志功(むなかたしこう)

1903-1975年。青森県生まれ。洋画を独学し、帝展に入選するが、平塚運一を知って木版画に転向。1936年、国画会展の『大和し美し』で柳宗悦らに注目された。1938年の新文展で『善知鳥(うとう)』が特選、1956年のベネチア・ビエンナーレで『柳緑花紅頌』などが国際版画大賞。1964年度朝日文化賞のほか、1970年には毎日芸術大賞と文化勲章を受けた。

+4