修行中は馬鹿になっていなければ上達しない。馬鹿という言葉を言い換えれば、ものに拘らない素直なことである。理屈っぽいのが一番修行の妨げになる。

人物:宮城道雄(みやぎみちお)

1894-1956年。兵庫県生まれ。旧姓は菅(すが)。幼時に失明し、生田流中島検校に入門。11歳で免許皆伝。尺八家吉田晴風らと「新日本音楽」を提唱し、創作と演奏活動に多彩な活躍をした。1956年、演奏旅行の途次、列車から転落して死亡。門流は「宮城会」として組織されている。代表曲に『水の変態』『春の海』『越天楽変奏曲』などがある。

9+