怒にはどこか貴族主義的なところがある。善い意味においても、悪い意味においても。孤独の何であるかを知っている者のみが真に怒ることを知っている。

人物:三木清(みききよし)

+1