人生は歩いている影たるに過ぎん。只一時、舞台の上で、ぎっくりばったりをやって、やがて最早噂もされなくなるみじめな俳優のようなものだ。

人物:正宗白鳥(まさむねはくちょう)

4+