真の文明というものは、すべてある人々が福を植えた結果なのである。

人物:幸田露伴(こうだろはん)

1867-1947年。江戸(東京都)下谷生まれ。本名は幸田成行(しげゆき)。電信修技学校卒業後、電信技師として北海道余市に赴任するが、文学の道を志し帰京。『露団々』『風流仏』『五重塔』などの作品を発表し、理想派の作家としての名声を確立した。写実派の尾崎紅葉と人気を二分し、日本近代文学の発展を方向づけた。文化勲章受章。

6+