人はただ自然をいかに取り入れるか、天の成せるものを、人の世にいかにして活かすか、ただそれだけだ。

人物:北大路魯山人(きたおおじろさんじん)

1883-1959年。京都の生まれ。本名は北大路房次郎(ふさじろう)。書と篆刻(てんこく)で身を立て、古美術や陶芸、料理などを研究。1919年に大雅堂美術店、1921年に美食倶楽部、1925年には東京麹町に星岡茶寮を開く。のち、北鎌倉に星岡窯を設けて作陶に専念。志野、備前、織部などの技法を活かし、豪快で格調高い作風を示した。

+3