苦悩は我をして光らしむ、苦悩は我が霊魂を光らしむ。

人物:北原白秋(きたはらはくしゅう)

1885-1942年。熊本県生まれ。本名は北原隆吉(りゅうきち)。1906年、新詩社に参加して『明星』の歌人として出発し、脱退後は吉井勇らと「パンの会」を結成。1909年に処女詩集『邪宗門』を刊行し、象徴詩の世界に新風を吹き込んだ。代表作に詩集『思ひ出』、歌集『桐の花』、童謡集『トンボの眼玉』などがある。

4+