人はパンのみに生きるものに非ず、されどまたパンなくして人は生きるものに非ず。

人物:河上肇(かわかみはじめ)

1879-1946年。山口県生まれ。東大卒。ヨーロッパ留学中に法学博士号を受ける。帰国後に京大教授となり、マルクス主義の研究と紹介に努めた。1928年に京大を辞職し、大山郁夫らと労農党を結成。1932年には共産党に入り、逮捕され服役。出獄後、『自叙伝』を執筆した。著書に『資本論入門』『経済学大綱』『貧乏物語』などがある。

6+