人間はどんなに偉くとも、人情に通ぜず、血と涙が無くては駄目だ。

人物:河井継之助(かわいつぎのすけ)

1827-1868年。越後長岡藩士。江戸で斎藤拙堂、古賀謹一郎、佐久間象山に学ぶ。長崎にも遊学し、開国論者となる。帰国後は藩の要職につき、政治改革を断行。洋式兵法を導入する。戊辰戦争に際しては、新政府・旧幕のいずれにも荷担しない局外中立を唱えたが、北陸征討の新政府軍に認められずに交戦。長岡城の攻防で負傷し、戦死した。

+3