人はどんなものでも決して捨(す)つべきものではない。いかに役に立たぬといっても、必ず何か一得はあるものだ。

人物:勝海舟(かつかいしゅう)

2+