人間よくなるも悪くなるも一寸(ちょいと)の間だ。

人物:泉鏡花(いずみきょうか)

1873-1939年。石川県生まれ。本名は泉鏡太郎(きょうたろう)。尾崎紅葉に師事し、1895年に『夜行巡査』『外科室』を発表。観念小説の新進作家として認められた。代表作に『照葉狂言』『高野聖』『婦系図』『歌行灯』などがある。1973年、泉鏡花生誕100年を記念して「泉鏡花文学賞」(金沢市主催)が創設された。

+7