苦痛を共にした家庭は、安息の快楽を共にする事が出来る。

人物:伊藤左千夫(いとうさちお)

1864-1913年。上総国武射郡(現在の千葉県山武市)出身。本名は伊藤幸次郎(こうじろう)。『万葉集』に親しみ、歌会などに出席。1900年より正岡子規に師事。子規の没後、短歌雑誌『馬酔木(あしび)』『アララギ』の中心となり、島木赤彦、斎藤茂吉、中村憲吉など優れた門下生を養成した。著書に『野菊の墓』『隣の嫁』『春の潮』などがある。

6+