信ずる理由があるから信じているのではなくて、信じたいから信じているのだ。

人物:二葉亭四迷(ふたばていしめい)

1+