学びてのち足らざるを知る。

人物:榎本武揚(えのもとたけあき)

1836-1908年。武蔵国江戸下谷御徒町(現在の東京都台東区浅草橋)出身。昌平坂学問所、長崎海軍伝習所で学んだ後、オランダへ留学。帰国後、幕府の海軍副総裁となる。戊辰戦争では箱館の五稜郭にたてこもり、政府軍と交戦するが降伏。のち許され、駐露公使としてロシアと樺太・千島交換条約を締結した。以後、文部・外務などの各大臣を歴任。

+4