あらゆる戦術書を読み、万巻の戦史を読めば、諸原理、諸原則はおのずから引き出されてくる。みなが個々に自分の戦術をうちたてよ。戦術は借りものでは、いざという時に応用がきかない。

人物:秋山真之(あきやまさねゆき)

1868-1918年。伊予国松山(現在の愛媛県松山市)出身。兄は陸軍大将・好古(よしふる)。日清戦争従軍後、アメリカに留学。日露戦争では、東郷平八郎連合艦隊司令長官の参謀として作戦を指揮した。日本海海戦での「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」の報告文は有名。第1次世界大戦では、海軍省軍務局長として活躍。1917年、海軍中将。

2+