万年筆

書くべきものがそこにあることはわかっていた

先人たちが声を置いていった場所  消すように
書いてきた言葉たち

一筆書のカモメが空へ飛んでいった

          「書」

75+