意味

「〜へ」。助詞。方向性を表しているが、最近では地元でさえ、状態の変化を表す「〜に」と混同、誤用されやすい。
「に」と共有している部分もあるが、基本は矢印を貼るというイメージである。
「信号が赤さなる」「来年2年生さなる」は誤用であり不自然。
「信号の光が真ん中から右さ移った」「来年2年生さ上がる」は自然。
方向性とは言え「彼女さプロポーズした」は自然だが、「彼女さフラれた」は不自然。

例文

1.ハゲ頭さ毛生えできた。
2.今度ライブさ行ぐべ。(勧誘)
3.熱っつうままさ納豆。

訳文

1.ハゲ頭に毛が生えてきた。
2.今度ライブに行こう。
3.熱いご飯に納豆。

0