ソンタ君

読み

そんたくん

例文

「おいおい、この会社は出世狙いのソンタ君ばっかりか?」

意味

目上の人の心中を推し量ってばかりいる人のこと。

説明

「忖度(そんたく)」が変化して生まれた造語。
上司や先輩の気持ちを推し量ってばかりいる人を指した言葉。

関連

忖度官僚、忖度役人、忖度社員、森友学園問題、斟酌、ソンタック、ゴマスリーマン、もてぎる、SE

0