無縁社会

読み

むえんしゃかい

例文

マキ 「2010年は、何と言っても名ばかり高齢者に驚いたね」
トム 「そうだね。無縁社会の恐怖を感じさせられたよ」

意味

単身世帯が増え、人と人との関係が希薄になった社会のこと。

説明

地縁血縁社会の崩壊や、個人情報保護法によるプライバシー保護の厳格化など様々な要因により、人と人との関係が希薄になってしまった現代社会を指す言葉。

関連

単身化社会、核家族、家庭崩壊、児童虐待、孤族、名ばかり高齢者

0