アイドリング・ワーク

読み

あいどりんぐ・わーく

例文

「うちの会社もアイドリング・ワークの対策を考えないと、そろそろやばいかもな」

意味

企業や社会に対し、正しい付加価値を生み出さない労働のこと。

説明

コスト(お金・時間・労力)を多大に消費しながらも、企業や社会に対して正しい付加価値を生み出さない労働を指した言葉。

関連

企業の幹部、報告だけの会議、長時間労働が美学、膨大なメール作業、話が長い評論家、働いている風なオジサン、シャドウ・ワーク

3+