山崎 悟

何もない場所では何もないという正直さが残った

何回目の無意味で気づくのだろう

すぐそこにあるものがよく見えた一日だった

        「裸眼」

45+