水もの

4つになんか分けられっこない 感情の数だけある言葉

掬いきれない水は指と指の間をすり抜けていった

「指きり」

98+