世のよし悪しはともかくも、誠の道を踏むがよい、踏むがよい。

人物:久坂玄瑞(くさかげんずい)

0